Mini Motorbike

Collection by Satoshi Mikami

120 
Pins
 • 
19 
Followers
Satoshi Mikami
第7回 ユニトラックサスペンション【UNI-TRAK SUSPENTION】

[第7回]ユニトラックサスペンション【UNI-TRAK SUSPENTION】 | SENSATIONAL SYSTEM OF K | カワサキイチバン

現在、ノスタルジックなスタイルを追求するモデル以外、ほとんどのバイクが採用するリンク式のリヤモノショックサスペンション。このスタイルを確立したのがカワサキのユニトラックサスペンションだったことはあまり知られていない

“ラッタッタ”って知ってる?あの頃みんなが乗りたかったホンダのおしゃれバイク「ロードパル」|@DIME アットダイム

筆者がまだ幼少で、「BE MY BABY」な年代である、「昭和」の時代(意味不明)。マイカーはまだまだ高額なご時世でしたので、現代のように、自動車でドライブすることが、なかなかできませんでした。そのため、...

2001 HONDA MONKEY Z50j-1 12V

ホンダ(HONDA) MONKEY [12Vモンキー] 限定・特別仕様 | 4ミニ.net

1992年、6Vから安定した電力を供給する12Vに、またポイント式点火から点火特性に優れたメンテナンスフリーのCDIマグネット式点火へと変更。ここでは12Vモンキーの限定、リミテッド、特別仕様の各モデルを集めてみました。

ホンダ (HONDA) モンキーバハ | Monkey BAJA

モンキーバハは、ロングセラーモデル・モンキーの特装モデルとして、1991年2月に発売された。デザインモチーフは、当時のオフロードモデルだったXLR/XRシリーズで、とりわけデュアルヘッドライトを装備したところから、XLRバハがイメージされていたことは明らかだった。モンキーバハ初期モデルの赤白カラーリングも、1990年12月発売のXLRバハとほぼ同じ。ベースはあくまでもモンキーなので、XLRのような本格的なオフロード走行はできないが、モンキー自体が、ある程度のラフロード走行を想定したモデルではあった。なお、オフロードバイクのようなシートに換装されたため、長時間のライディングでは、オフロードバイクと同様に臀部が痛くなりやすい面もあった。なお、イメージモデルのXLRバハが青/赤/白のカラーリングになった1992年には、モンキーバハも同様のカラーリングを採用。翌93年に小変更を受けたのち、生産を終了した。モンキー派生モデルには、モンキーR(1987年)とモンキーRT(1988年)が存在したが、カラーチェンジや仕様変更を受けたのは、モンキーバハのみだった。

前後10インチ採用のホンダ(HONDA) DAX [ダックス] | 4ミニ.net

前後10インチ採用のホンダ(HONDA) DAX [ダックス] | 4ミニ.net

高度経済成長に沸く1969年(昭和44年)、ホンダはモンキー(Z50M)に続き、同じくレジャーモデルの「ダックスホンダ」をリリース。犬の"ダックスフンド"をイメージしたこのモデルは、現在でもカスタムベース車として根強い人気を誇っている。

モンキーの兄貴分、ホンダ(HONDA) GORILLA [ゴリラ] | 4ミニ.net

1978年、「モンキーの兄貴分」として登場したゴリラ。大容量の9Lタンク、固定式ハンドル、肉厚シートなどモンキーとは異なるフォルムが特徴。1988年に生産終了となったが、10年後の1998年、モンキーに搭載されていた12Vエンジンを搭載して10年ぶりに復活。

HONDA Dax

前後10インチ採用のホンダ(HONDA) DAX [ダックス] | 4ミニ.net

高度経済成長に沸く1969年(昭和44年)、ホンダはモンキー(Z50M)に続き、同じくレジャーモデルの「ダックスホンダ」をリリース。犬の"ダックスフンド"をイメージしたこのモデルは、現在でもカスタムベース車として根強い人気を誇っている。

ヤマハ RX50の総合情報を満載!バイクのことならバイク総合サイトWebike【ウェビック】。

ヤマハ RX50 | バイクパーツ通販 Webike

ヤマハ RX50の総合情報を満載!バイクのことならバイク総合サイトWebike【ウェビック】。

マメタン50E レビュー一覧 - バイクブロスコミュニティ

MameTan50E|マメタン50E レビュー一覧 - バイクブロスコミュニティ

マメタン50E レビュー一覧 - バイクブロスコミュニティ